寝ている間に到着できる

車内

松山まで高速バスで行く方が最近増加しています。飛行機や新幹線、特急電車といった乗り物は安心して楽に乗ることができます。しかし、学生などのあまりお金を持っていない方は、それに旅費をけるよりはできるだけ行き帰りの運賃を安くして、旅行の内容を楽しみたいという方が多いようです。そのため、格安で運行している高速バスで松山に観光に行く観光客が、学生を中心に増えています。最近は格安LCCなどが相次いで登場し、1回のフライトで10000万円を切る航空会社も存在します。しかし、高速バスは1回の利用で5000円を切るところもあるので、安さという点に関して、高速バスはとてもお得ということになります。高速バスのメリットとして次に挙げられるのが、寝ている間に松山に着くという点です。子どもの頃に遠足の前日などは、興奮して寝付けなかった経験をお持ちの方はいると思います。大人でもそのような方はいるようですが、そのために寝坊して遅刻してしまうということになれば大変です。飛行機などは遅刻しても待ってくれないので、寝坊するだけでせっかくの松山旅行ができなくなってしまいます。また、目覚ましの音でなかなか起きられないという方もいるようです。そのような方にこそ、高速バスはおすすめです。基本的に夜に出発するので、そのまま乗り込むだけで目的地に行くことができます。バスの中で寝られるか不安だという方もいるかもしれません。しかし、バスでは基本的に22時以降になるとカーテンが閉められて、消灯します。したがって、外の明かりで眠れなくなるという心配はありません。また、男女別で席が分けられることが多いので、異性の視線が気になって眠れないという心配をする必要もなくなります。